ABCと分けられている工事区分とB工事の大変さについて

SITEMAP

B工事

ABC工事の違い

青いビル

オフィスなどの内装工事の形態は、A・B・Cの3つの区分があり、それぞれA工事、B工事、C工事と呼ばれています。ではこれらの違いはどのような点にあるのでしょうか。最も分かりやすい理解の仕方は、発注者、費用負担者、工事業者決定者の3つの観点を抑えることです。
発注者とは、内装工事をしたい人のことです。まずは、こうこうこういう内装工事がしたい、という発注が無ければ工事が始まりません。次に、費用負担者とは、内装工事の費用を負担する人のことです。当然ながら、費用は少なくない額になるでしょうから、非常に重要な観点です。最後に、工事業者決定者とは、実際に内装工事を行う業者を決める人のことです。どの工事業者に依頼するかというのも、これまた非常に重要です。
そして、これら3つの観点を請け負うのが、オフィスなどを借りている人なのか、貸している人なのかによって、A・B・Cの区分が決まります。A工事とは、3つの観点全てが貸主の場合を指しています。貸主が自分のお金で好きなように内装工事を行う工事のことですね。B工事は飛ばして、C工事を先に説明します。C工事とは、3つの観点全てが借主の場合を指しています。A工事とは対照的に、借主が自分のお金で好きなように内装工事を行うということですね。そして、B工事とは、発注者と費用負担者が借主、工事業者決定者が貸主というパターンの工事のことです。

A工事B工事C工事とは

オフィスの内装工事にはA工事、B工事、C工事という3つの工事区分があります。これはオフィスを借りたい賃借人と建築所有者のどちらが工事を発注し、費用を負担するのか、どの会社に頼むのかなどの違いがあります。詳しく説明していきます。
A工事とは、建築物の所有者つまりビルのオーナーがそもそもの建物を建てる工事を業者さんに依頼して施工してもらう工事です。建物を建てる際には使う人のために公共の施設(例えばトイレやガス、水道など)も一緒に作ります。つまり、公共施設や建築の際に発生したお金は後から借りる賃借人にとっては関係のないことです。
B工事とは、賃借人がビルのオーナーと相談して賃借人が工事代、オーナーがどの業者さんに依頼するかを決めることができるものです。例えば、空調管理や電気照明、防災のための設置物などです。オーナーが業者さんを選べるのは、建物全体に影響を与える可能性があるからです。そのため、いくら賃借人が欲しい設備でもオーナーの判断で値段が安くも高くもなりうるのです。ここがB工事の問題点でもあります。C工事とは、オーナーの承認を得て賃借人が工事代をもち業者さんも選べる工事のことです。例えば、電話、照明器具などです。

B工事はどのような工事区分?

商業ビルなどに店舗を出店する時にB工事という言葉を聞きますが、あまりよく分からないという人がほとんどでしょう。そこでB工事とはどのような工事区分なのか見ていく事にしましょう。・入居者が発注してオーナーが工事する。B工事は店舗を出店する入居者が工事を発注しますが、工事をする業者を指定するのはオーナーになります。それにより管理権はオーナーになるので間違えてしまう人も多いです。工事の費用は入居者が負担する形になります。他の工事区分より少し複雑な部分があるのがB工事の特徴になります。
・規制が多いので自由に工事する事が出来ない。店舗を出店する入居者が工事を発注しますが、管理権がないのでビル全体の施設や安全性に影響してくる部分で規制が多いので自由に工事する事が出来ません。オーナーが指定した業者が工事していくので思い通りにいかない部分もあります。
・工事費用で意見が食い違う可能性がある。B工事は業者の指定はオーナーが行いますが、費用は入居者が負担するので、ある程度の交渉が必要になってきます。それで工事費用で意見が食い違って交渉がまとまらない事もあるので問題点と言われています。B工事は他の工事区分より複雑な部分が多いので実際に工事をする時はしっかり頭に入れておきましょう。


B工事』:不明な点が多いB工事ですが、こちらをご覧になればその悩みも解決するでしょう。もしそれでもわからなければ実際にB工事を行う際にいろいろとアドバイスをしてもらいましょう。丁寧な対応をしてくれるのでとてもおすすめです。

PICK UP

TOP