ABCと分けられている工事区分とB工事の大変さについて

SITEMAP

B工事

B工事が大変なのは

ビル

B工事というのがあります。これはテナントなどに入るときに入る側がオーナーに依頼して、許可を得て、自己負担でオーナーが指定する業者を利用して行う工事になります。どうして自己負担をしているのにビルオーナー側の指定する業者を使わないといけないのか、といいますとそれが全体に影響がある部分であるからです。
具体的にいいますと例えば給水関係とか電気関係などになります。電気の配線などは部分的であろうと弄られると非常に問題が発生しやすいところになります。ですから、勝手にやられると困る、というのがまさにB工事であるといえるのです。その為、ビルオーナー側が指定する業者を利用する必要性があるのです。
ちなみにテナントの中を内装工事するときには必ずB工事、というわけではないです。C工事というのもあるのですが、これは許可は必要であっても業者もこちらで選ぶことができますし、これは見積もりも可能になっていますから、比較的安く済ませることもやり方次第では可能でしょう。B工事の場合は指定した業者を絶対に使う必要がありますから、基本的にかなり費用に関しては高めになってしまうことが多い、というのがあるのです。見積もりができないのです。

PICK UP

TOP