ABCと分けられている工事区分とB工事の大変さについて

SITEMAP

B工事

区分が分けられている工事

オフィス

内装工事にはABCという区分がされています。A工事というのは、ビル本体なり大きな商業施設なりの工事において、オーナーの工事になります。オーナーがそのまま自分で負担をして、オーナーが施工する工事なのです。これは共用の施設、共通して使うことになる通路、様々なメーターなりインフラに関する部分もそうです。管理権は当然ですがオーナーになります。この点はまったく疑問をさしはさむ余地はないでしょう。実に当たり前のことになります。
しかし、B工事というのはやや難解になります。これは、テナントが決まってから、テナント側からの願いでオーナーが行う工事になります。工事費用に関してはテナントに入る側が負担をすることになります。ビルに関する安全性とか或いはインフラの根本部分に関することなどに影響を与える工事になります。例えば給排水関係、厨房給排気工事などもそうです。テナントに入る側が負担をするのですが、あくまでオーナーはオーナーのもの、としていることが殆どになります。但し、施工をする業者はオーナーが指定することができます。C工事はオーナーの許可は必要ですが、基本的にテナントに入る側の人が使う部分の通常の範囲内の内装工事のことです。

PICK UP

TOP